{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ティムールペッパー(花椒)詰め替え用

¥972 税込

送料についてはこちら

ティムールペッパー詰め替えバッグ。瓶の二倍の量が入っています。 ネパール料理や四川料理にも使われるスパイス。少量でもピリッとした強い刺激があり、鼻に抜ける華やかな柑橘系の香りが癖になる味わいです。普段のコショウ代わりになるほか、特にトマトやミルクを使った料理にお使いいただくのがおすすめです。 【商品情報】 商品詳細〉 品名:調味料 原材料名: 花椒(ネパール) 内容量:60g 賞味期限:記載 保存方法:高温多湿を避け、開封後はなるべく早くお召し上がり下さい。 製造者:(株)SHANTI SHANTI COFFEE FARM 愛知県豊川市東豊町5-22 0533-65-8653 【生産者紹介】 ○池島英総(FARMERS PASSION代表) 1982年愛知県生まれ。大学を卒業後、地元メーカーに数年勤めた後、退職。気分転換にネパールを訪れる。現地で飲んだ一杯のコーヒーをきっかけに、「この国のコーヒーをもっと美味しくしたい」と、コーヒー作りで生きていくことを決意。即座にネパール中のコーヒー農家を回り、そこで出会ったBodh Raj Aryal(ボッダ ラジ アリヤル 現共同経営者)と180人の地元農家と共に、2008年、コーヒー栽培を開始。コーヒー作りをネパールの産業に発展させる。2016年に農作物の病気が蔓延した際は、JICA(国際協力機構)とネパール中の農家と連携して、日本の木酢液の普及に努め、オーガニック栽培を守り抜いた。現在は、生産の傍らシャンジャ郡で農業の技術指導を行い、3,000人を超す農協所属の農家とともに日々品質の向上を目指している。一方、日本国内では、2013年に愛知県に珈琲農園直営の“mol café” をオープン。店主として、生産者として、技術指導者として、ネパールと日本を行き来する生活を送っている。 ○BODH RAJ ARYAL(共同農園経営者) ネパールにおけるコーヒー栽培の第一任者。1996年、国から奨学金を受け、野菜栽培の農業研修で秋田県に1年間滞在した経歴をもち、流暢な日本語を操る。池島がマヤタリ村を初めて訪れた当時、ミカン栽培をする傍ら、コーヒー栽培を始めたばかりだった。2008年、池島と共ににコーヒー農園を開始。現在、ネパール国内のコーヒー栽培普及のために、研修の講師としても活動している。また、息子のウビットも正規スタッフとして、活躍している。 【私たちの想い】 本当に美味しいコーヒーをつくりたい。私たちファーマーズパッションは、その理想の一杯を追求するために、コーヒー豆の産地であるネパールで豆の生産を始めました。こだわったのは、その土地が持つ個性を活かすこと。化学肥料で無理やり土に栄養を与えるのではなく、自然の力と、人間の力がほどよく調和するやり方を模索した結果、たどり着いたのは“アグロフォレストリー”でした。 おそらく、ほとんどの人には私たちの畑が農地なのか、森なのか、見分けがつかないでしょう。豆の原料であるコーヒーノキはもちろん、ジンジャー、チュトロ、シナモン、バナナ、レモングラスなど多様な樹木が茂り、互いが寄り添うようにして宝石のような実をつけます。人の手と天然のハウスで丁寧に育てたコーヒーの森。コーヒーはもちろん、一緒に育てた作物も自慢の作品です。 ぜひ、まるごとご賞味ください。